融雪雑学

『都市部の雪』と『雪国の雪』では、『雪の悩み』の内容が異なります。
【都市部の融雪】
都市部ではスロープ・階段は突然の少々の雪で凍結圧雪になり、転倒や車両のスリップで重大な人身事故につながります。病院施設の非常階段の雪は避難時の入所者の安全の障害になり、従業員の怪我は労働災害の対象問題になります。
また隣接した住宅の屋根の雪問題も解決したい悩みです。都市部の雪のお悩みに弊社の融雪システムをご利用ください。
【雪国の融雪】
積り過ぎる雪のリスクに克雪対策としての融雪が必要になります。積雪量との戦いになり、屋根の雪下ろし時の事故は毎年数多く報道されます。積り過ぎれば倒壊する住宅も出てきます。積り過ぎた階段の雪は坂になり使用不可能になります。階段の雪を上段から除雪すれば、下には雪の大きな山が出来て手が付けられなくなります。積雪後気温が上がれば凍結・スガ漏れ・ツララの被害が心配されます。雪国の克雪のために弊社の融雪システムをご利用ください。

融雪豆知識

融雪とは、雪を、液体化させる現象をいいます。
雪はわれわれの生活に、様々な障害をあたえます。スロープ・階段・非常階段・屋上・通路・道路・駐車場・玄関前・屋根・ベランダに対して雪は様々な障害あたえますが、その障害を除去するのが融雪です。つまり融雪とは、雪に、熱エネルギーを与え、水に変え排水処理をし易くします。融雪の、熱エネルギーには、電気・灯油・ガス・地下水・水道水・熱交換・地中熱・温泉水・その他が使われます。
弊社の融雪の熱源は電気です。既築の構築物に対して後付けで融雪工事を行います。工期は天候条件が悪くなければ2日で終わります。降雪・地温センサーセンサーを使った自動制御の融雪システムです。16年の融雪施工実績があり、車も通れる後付け融雪工法で大好評です。是非ご覧下さい。

電気融雪システム「はるかちゃん」動画

融雪事業

山形県の屋根・階段・通路・スロープ・駐車場の融雪工事はおまかせください。

はるかちゃん

実用新案を取得してから15年の実績で安全性・耐久性・融雪の性能が評価されております。
東北大学工学部大学院の通路・階段・搬入路は安全性・経済性を重視した設計・施工を行いました。
完全後付で融雪工事工期が2日間なので階段・屋上・玄関先が特にニーズがあります。
トルマリンは1880年にキュウリー夫人が発見し『電気石』と言われており熱を与えると熱を出す効果があります。
弊社独自の研究の結果ウレタン系の接着材に必要パーセントのトルマリンを混合させヒーター線の入ってない溝にも埋め込む事で面で融雪する効果があります。

はるかちゃんのしくみと特徴

仕組み1.安全性もばっちり
透水性能があるゴムマットを利用するので表面がぬれていても滑りにくく安全です。弾力性に優れ、歩行時に足の負担を軽減します。また自動車が通過しても大丈夫です。

2.後期が短く、工費も格安
既存施設に貼る施工なので工期を大幅に短縮します。また従来のモルタル工法比べ工費も非常に格安です。

3.融雪能力が高く、電気代もお得!
■ヒーター部から雪面まで1cm。熱がすぐ伝わり立ち上がりが早いです。
■ 内部接着剤にトルマリンを混合するため、トルマリン効果によって熱効果が大幅に向上します。
■ 降雪センサーで自動的に電源が入ります。
■ 5cmピッチの溝に1m2あたり20mのヒーターを敷設することにより最大の効果を発揮します。

4.豊富なカラーバリエーション
ゴムマットの色は、種類が豊富。お好みの色をお選びいたします。

色見本

トルマリンって何?

トルマリントルマリンは日本名で電気石という鉱石です。その名が示すように、常に微弱な電気を帯びており、熱をあたえると更に熱を出すという特徴があります。「はるかちゃん」は、この特徴を利用しているので熱効率が大幅に向上します。

はるかちゃんの構造(断面図)

断面図「はるかちゃん」は、電気ヒーター線をゴムマットではさみ込む構造です。加工性に 優れているので、平面はもちろんスロープや階段の施工も可能です。また、加工の際にでた廃棄ゴムマットはリサイクルされます。

はるかちゃん施工方法